ピアノ室には在来工法木造住宅が最適

木造住宅は隙間が多くて、遮音性能が低いという評価をされます。

しかし、在来工法の木造住宅は、適度な吸音性と音響が特長である木材の利点を生かすには最適な建物です。遮音性の弱点は、木造にマッチした「音響・防音設計」と工事によって補うことができます。

むしろ、共振しやすいツーバーフォー住宅や鉄骨住宅のほうが、ピアノ防音室を構築するには、反響調整、共振を抑える防音施工の難易度、費用が問題となります。

在来工法の木造住宅は、床や壁を木製品で補強すると、制振能力が向上するため、遮音材や制振材などが相乗効果で防音効果を高めます。
そのため、比較的薄い構造でピアノなど音楽防音室を構築することが出来、空間を余り狭くしないで済みます。

しかも、良好な音楽環境を造ることができます。それが在来工法の木造建物の特長です。

以上の内容に関連した記事を次の情報サイトにも記載していますので、ご参照いただければ幸いです。
防音通信(木造)

広告